EN

安全への取り組み

住友⼤阪セメントグループは、社員が安⼼して働くことができるように、安全・健康で働きやすい快適な職場環境づくりに努めています。

安全衛⽣・保安対策 基本⽅針

従業員の安全衛⽣は企業存⽴の基盤をなすものであり、安全衛⽣の確保は企業として重要な責務であると考えます。

当社グループは、安全に厳しい企業として災害ゼロを⽬指しています。あらためて「安全に厳しい⾵⼟造り」のために、不安全⾏動と不安全状態の解消を徹底し、安全衛⽣⽔準のさらなる向上と快適な作業環境の形成を図ります。

2020年重点実施項⽬

  1. 災害の撲滅
    1. 災害の防⽌、重篤な災害の撲滅
    2. 職場の安全レベル向上
    3. 安全感覚(危険を感じる感性)の向上
    4. 熱中症予防強化
  2. ⼈に優しい健康な職場造り
  3. 交通災害(通勤途上災害)の撲滅
  4. 労働災害情報データの整備
災害発生件数推移

安全衛⽣・保安対策本部 管理体制

当社グループでは、全社の安全衛⽣・保安対策本部を設置し、事務局を中⼼とした定期的な連絡会の実施など、安全に対する⼀層の取り組み強化を⾏っています。

管理体制

安全教育

当社では、「労働者の安全と健康を最優先する企業⽂化」である「安全⽂化」を定着させるべく、各段階における安全教育の徹底に⼒を⼊れています。

本社主催安全教育
  • 事業部主催教育
  • 若⼿社員安全教育
  • 新⼊社員安全教育
  • 階層別安全教育
各事業所主催安全教育
  • 協⼒会社安全キーマン養成教育
  • 安全作業責任者教育
  • 職⻑・班⻑教育
  • 安全体感教育、外部教育
外部教育
  • 職⻑教育

健康管理

社員が健やかに働けるように、健康保険組合と協⼒して所定の健康診断をはじめ、各種⼈間ドックに対する補助など、社員の健康づくりをサポートしています。近年は当社グループにおいても社員のメンタルヘルス不調者が増えてきているため、専⾨機関と提携し、専⾨家による相談体制を各地区に整え、社員が活⽤しやすいように推進しています。

また、ストレスチェック制度を導⼊し、メンタルヘルス不調の未然防⽌に努めています。今後も産業医による衛⽣講話やメンタルヘルスセミナーを通して、社員⼀⼈ひとりがストレスについて正しい理解を深め、健康で活⼒ある⼼⾝を築けるようサポート体制を強化していきます。

PAGE TOP