EN

環境報告

地球温暖化防止対応

省エネルギー

エネルギー多消費型産業であるセメント産業では、地球温暖化防止のためにCO2排出量の削減と、これに直結する「省エネルギー」に取り組んでいます。住友大阪セメントグループでは従来から熱エネルギーや電力エネルギーの抑制を進めてきましたが、近年では、木くずをはじめとするバイオマスエネルギーや廃プラスチックなど、エネルギーの代替となる廃棄物、副産物の使用を拡大し、石炭などの化石エネルギーの使用削減を進めています。また焼成工程などでのセメント製造設備におけるエネルギー効率の向上も引き続き推進しています。

セメント製造に関わる総エネルギー消費量
*2013年度より電力エネルギーの評価方法を変更しています。
(1次エネルギー換算計数を発電端ベースから受電端ベースに変更)
PAGE TOP