EN

資源リサイクル

住友⼤阪セメントグループでは、さまざまな産業や⾃治体で発⽣する廃棄物・副産物からセメントを製造することにより、「循環型社会」の⼀翼を担っています。

セメントリサイクルの社会的役割

セメントは、⽔を混ぜたときに起こる⽔和反応という化学反応で固まる特徴をもつ、化学物質です。セメントはカルシウム、ケイ素、アルミニウム、鉄が主な成分であり、これらを調合し約1,450℃の⾼温で焼成して製造しています。

主な成分は、天然資源である⽯灰⽯、粘⼟、けい⽯に多く含まれていますが、廃棄物・副産物にも同様の成分が含まれているため、セメントの代替原料として使⽤が可能です。現在は、廃棄物・副産物のリサイクルにより天然の粘⼟を使⽤することがなくなりました。

さらに、他産業や⾃治体から発⽣する⽊くず、廃油・再⽣油、廃プラスチックなどの廃棄物・副産物は約1,450℃の焼成⼯程の熱エネルギーとして⽯炭とともに利⽤しています。これらはキルン(焼成窯)の内部で直接焼成されるため、焼成後の灰や残渣もセメント原料の⼀部として再利⽤され、不要物は発⽣せずに全てセメント製品に⽣まれ変わります。

これらのリサイクルにより、粘⼟や⽯炭といった天然資源の使⽤を節約するとともに、化⽯エネルギーの代替としてCO₂排出削減にも繋がり、廃棄物の最終処分場である埋⽴地の延命に貢献しています。

暮らしとセメントの循環

廃棄物・副産物使⽤状況

2019年度は、セメントの⽣産数量が減少したことに伴い、廃棄物・副産物の使⽤量は5,479千トンと2018年度より約1%減少しました。

2015年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度
原料系産業廃棄物 *1 (単位:千トン) 2,913 2,858 3,056 2,883 2,911
熱エネルギー系産業廃棄物 *2 (単位:千トン) 394 412 399 367 378
副産物 *3 (単位:千トン) 2,098 2,164 2,189 2,289 2,190
(単位:千トン) 5,405 5,434 5,644 5,538 5,479
セメント⽣産数量 (単位:千トン) 10,470 10,519 10,915 10,758 10,550
原単位(kg/トン-セメント) 原料系 278 272 280 268 276
熱エネルギー系 38 39 37 34 36
副産物 200 206 201 213 208
計(kg/トン-セメント) 516 517 517 515 519
  • *1 原料系産業廃棄物:⽯炭灰、建設発⽣⼟、汚泥(浄⽔、下⽔、建設など)、燃殻・ばいじん、スラッジ、⽡礫、廃酸、廃アルカリ、鉱さい、その他
  • *2 熱エネルギー系産業廃棄物:廃プラスチック類、廃⽩⼟、廃油、廃タイヤ、⽊くず、その他
  • *3 副産物:⾼炉スラグ、副産⽯膏、⽊質チップ(売電向け含む)、その他
PAGE TOP