環境報告 環境方針・環境マネジメントシステム

環境理念

住友大阪セメントグループは、地球環境と事業活動の調和を図り、環境負荷の少ない生産・発電・物流の追求を通じて、豊かな社会づくりと地球環境保全に貢献します。

行動方針

・環境マネジメントシステムやエコアクション21を活用し、リスク低減・環境保全のレベルアップ
 及び環境パフォーマンスの継続的改善を図る。
・法令・条例などを遵守することに加え、さらに自主的な環境レベル向上を推進する。
・地球温暖化防止の観点から省エネルギーを計画的に推進する。
・ゼロエミッションの社会実現を目指し、廃棄物のリサイクルに協力すると共に排出する廃棄物の
 低減に取り組む。

住友大阪セメントグループは、早くから粉じん、ばいじん、窒素酸化物、硫黄酸化物などの発生抑制を中心とした環境対策に積極的に取り組み、実績を重ねています。しかし、今日では地球温暖化・残留性有機汚染物質問題など地球的規模での取り組みが一層求められています。

当社は、地球社会の一員としての自覚のもとに、従来型環境問題に対する予防対策および省エネルギーの推進はもとより、ゼロエミッションの考え方を基本に各種産業廃棄物などのリサイクルを積極的に推進し、また広く自然環境保全にも取り組んでいます。

環境マネジメントシステム

環境監査

住友大阪セメントでは、2007年に内部監査室を設置し、環境保全管理規程(※注)に定める環境保全の実施状況に関する内部環境監査を行い、環境レベルの維持・改善を図っています。


環境マネジメントシステム認証取得状況

当社では、環境保全活動を推進する上で、また、持続的な改善を維持していく上でも環境マネジメントシステム(ISO14001)が有効であるとの認識のもと、全セメント工場、新材料事業部、光電子事業部、関係会社の八戸セメント(株)、(株)スミテックで認証を取得しています。
また、関係会社の和歌山高炉セメント(株)では、エコアクション21の認証を得ています。

用語解説

※ 環境保全管理規程 :
公害防止および環境の整備を図ることを目的として、全社的な環境保全の管理組織や連絡体制などを定めた社内規程です。各工場、事業所、支店では、本規程に基づき環境保全委員会を設け、環境保全活動を推進しています。

PageTop