EN

環境管理

環境理念

住友大阪セメントグループは、地球環境と事業活動の調和を図り、環境負荷の少ない生産・発電・物流の追求を通じて、豊かな社会づくりと地球環境保全に貢献します。

⾏動⽅針

  • 環境マネジメントシステムやエコアクション21を活⽤し、リスク低減・環境保全のレベルアップおよび 環境パフォーマンスの継続的改善を図る。
  • 法令・条例などを遵守する事に加え、さらに⾃主的な環境レベル向上を推進する。
  • 地球温暖化防⽌の観点から省エネルギーを計画的に推進する。
  • ゼロエミッションの社会実現を⽬指し、廃棄物のリサイクルに協⼒するとともに排出する廃棄物の低減に取り組む。

環境保全体制

推進体制

当社グループは環境保全推進の為、社⻑を⻑とする環境保全推進体制を採⽤しており、環境担当役員のもと環境事業部が統括しています。また下部組織として、各事業所に環境保全委員会を設置し、公害防⽌および環境保全に関する諸施策を実施しています。

環境監査

内部監査室では、環境保全管理規程*に定める環境保全の実施状況に関する環境監査を⾏い、環境レベルの維持・改善に関する報告を⾏います。

  • * 環境保全管理規程:公害防⽌および環境の整備を図る事を⽬的として、全社的な環境保全の管理組織や連絡体制などを定めた社内規程です。各⼯場、事業所、⽀店では、本規程に基づき環境保全委員会を設け、環境保全活動を推進しています。

環境マネジメントシステム認証取得状況

当社グループでは、全セメント⼯場、光電⼦事業部、新材料事業部、⼋⼾セメント㈱、㈱スミテックがISO14001の認証を取得しています。また、和歌⼭⾼炉セメント㈱はエコアクション21の認証を得ています。

環境教育

当社グループでは、環境リスクが⼤きいと考えられる⼯場・事業所をはじめ、セメント⼯場以外の関係部署も対象に、環境事業部が講師となり、環境教育を実施しています。

推進組織

環境負荷低減

住友⼤阪セメントグループは、セメント⽣産プロセスにおける⼤気・⽔域への排出および廃棄物の排出について、それぞれの状況を把握・分析し、より効果的な環境負荷低減対策や省エネルギー対策の⽴案に役⽴てています。
また、さまざまな技術開発に取り組み、廃棄物・副産物を積極的に活⽤する事により地球環境への負荷低減を進めています。

環境負荷低減の状況

住友⼤阪セメントグループのセメント⼯場では、2020年度において約1,004万トンのセメントを⽣産し、約85万MWhの電⼒を外部へ販売しました。そのために使⽤した原料・熱エネルギーは、1,596万トンでした。なお、⽕⼒発電所・他産業および地⽅⾃治体からの廃棄物・副産物を521万トン使⽤し、環境負荷を低減しました。

本社ビル使用電力の完全カーボンフリー化

当社グループの具体的な温室効果ガス削減目標と脱炭素社会の実現に向けた取り組みをまとめた2050年“カーボンニュートラル”ビジョン「SO-CN2050」の一環として、2021年4月から当社の本社ビル(東京都千代田区)で使用する電力量の全量を自社のバイオマス発電所(栃木県佐野市)が作るクリーン電力で供給する契約を結ぶ事で「本社ビル使用電力の完全カーボンフリー化」を行いました。(参照:ニュースリリース https://www.soc.co.jp/news/61195/

本社ビル使用電力の完全カーボンフリー化

⼤気汚染防⽌

セメント製造設備や発電設備から発⽣する排ガスに含まれるNOx、SOx、ばいじんなどの⼤気汚染物質の排出を集塵機や脱硝装置により防⽌しています。また、セメント製造設備は約1,450℃の⾼温で焼成する為、排ガス中のダイオキシン類などの有害物質の濃度が⾮常に低いという特徴があります。年度ごとの操業の増減によりばらつきがありますが、それぞれの排出量は法律の定める排出基準を下回っています。

⽔質汚濁防⽌

当社セメント⼯場からの主な排⽔は、セメント⽣産設備や発電所から出る間接冷却⽔と⾬⽔などです。また、油タンクなどの周りには防油堤を設けています。⼯場から⽔域に排⽔する場合、沈殿槽や油⽔分離槽やオイルモニターを設置し、⽔質汚濁防⽌に努めています。

⼯業⽤⽔については、地下⽔や海⽔・河川⽔から、地域の環境に配慮して必要量を取⽔しています。⾼知⼯場の発電所では、冷却⽔として海⽔を利⽤し、淡⽔資源の保全に努めています。

NOx*排出量(セメント・発電事業)
ばいじん排出量(セメント・発電事業)
SOx*排出量(セメント・発電事業)
ダイオキシン類*排出量(セメント事業)
PAGE TOP