個人情報保護方針

1.個人情報保護に関する基本方針

高度情報通信社会の進展に伴う個人情報の利用の著しい拡大のもとで、個人情報保護の重要性は益々拡大し、「個人情報の保護に関する法律」が制定されました。同法の「個人情報が個人の人格尊重という理念のもとに慎重に取り扱われるべきものであることを鑑みて適正な取扱がはかられるべきものである」という基本理念のもとに、企業は、個人情報を適切に取り扱うことを要求されております。したがって、当社は、個人情報を適切に取り扱うことを経営の重要事項とし、これを当社の基本方針といたします。以上の基本方針に則り、ここに個人情報保護のための方針ならびに社内体制を定めるものであります。

2.個人情報保護のための方針

① 個人情報の取得
当社は、個人情報を適法かつ公正な手段により取得するものとします。
② 個人情報の利用 
当社は、個人情報を取得の際に示した利用目的の範囲内で、業務遂行に必要な限りにおいて、利用するものとします。
③ 個人情報の第三者への提供
当社は、個人情報を法令に定める場合を除き、事前に本人の同意を得ることなく、第三者に提供しないものとします。
④ 個人情報の管理
  1. 保有する個人情報については、その正確性を保ち、安全に管理いたします。
  2. 保有する個人情報の紛失、破壊、改竄および漏洩等を防止するために、適切な情報セキュリティ対策を講じます。
  3. 個人情報を外部に持ち出し、または送信することにより、漏洩いたしません。
⑤ 個人情報の開示・訂正・利用停止・消去等
当社は、本人から自己の個人情報について、開示・訂正・利用停止・消去等を求められた場合には、速やかに対応するものとします。

3.個人情報保護のための組織体制

① 個人情報保護管理者
当社は、個人情報保護管理者を設置し、個人情報保護の徹底・推進を図るものとします。
② 役職員へ周知徹底
当社は、役職員に対し、個人情報の保護ならびに適切な取扱いについて、周知徹底するものとします。
③ 規程等の整備
当社は、本方針を実行するため、個人情報保護のための社内規程等を制定し、これを当社役職員等に周知徹底のうえ、実行し、個人情報保護の推進にあたるものとします。

以 上
住友大阪セメント株式会社
(平成17年3月17日制定)

  • 対談 社長 関根福一 × 坂下千里子様 住友大阪セメントグループの社会的課題への貢献
PageTop