CSR推進 ガバナンス体制

コーポレートガバナンス基本方針

当社は、コーポレートガバナンスに関する基本的な考え方および方針について取りまとめ、「住友大阪セメント コーポレートガバナンス基本方針」を制定しています。

会社の機関および内部統制システムの整備状況

取締役会、執行役員

取締役会は、社外取締役2名を含む取締役8名から構成されており、毎月1回以上、取締役会を開催し、経営上の重要事項の決定を行うとともに業務執行状況の報告を受けています。また、2006年6月より、経営における意思決定・監督機能と執行機能を分離し、各々の機能の強化や意思決定の迅速化と権限・責任の明確化により経営の効率化を図るため、「執行役員制度」を導入しています。

監査役会

監査役会は、監査役5名から構成されており、うち3名は社外監査役です。監査役は、毎月1回以上、監査役会を開催するとともに、取締役会を含む重要会議に出席しています。

指名・報酬委員会

取締役および執行役員の報酬について水準の妥当性および業績評価の客観性・透明性を確保するため、また、取締役および執行役員の人事についても報酬同様に客観性・透明性を確保するために、2018年1月1日から、取締役会の諮問機関として指名・報酬委員会を設置しています。
 委員長は社長とし、社外取締役から指名される委員2名以上をもって組織するものとし、取締役および執行役員の人事案ならびに報酬の決定に関する方針および報酬案について審議を行い、答申を行っています。

PageTop