EN
  • HOME
  • CSR活動
  • 2050年"カーボンニュートラル"ビジョン「SO-CN2050」

2050年"カーボンニュートラル"ビジョン「SO-CN2050」

日本政府及び国際社会において、2050年カーボンニュートラル(CN)が希求されている中で、当社としても、エネルギー起源のCO₂を可能な限り削減した上で、プロセス由来を含めたCO₂排出全体をいかにCN化できるかが大きな課題です。2050年までに自社の技術革新・事業基盤の革新と共に、2050年時点での国内外のあらゆる削減方策を総動員して、カーボンニュートラルの実現に挑戦します。

2050年 カーボンニュートラル ビジョン SO-CN2050

2030年のCO₂排出削減目標

住友大阪セメントグループのCO₂排出削減対策実績レビュー

  • リサイクル品の利用技術確立とその供給システム構築により、国内トップクラスの化石エネルギー代替率とリサイクル品使用原単位を実現しています。
  • セメント製造工場では、一早くバイオマス発電設備を導入しました。また、地域森林整備事業とのタイアップも実施しています。
2050年 カーボンニュートラル ビジョン SO-CN2050
  • *1 自家発電での使用量を含む
  • *2 セメント製造での消費電力のうち廃熱およびバイオマス発電の占める比率
  • *3 エネルギー起源CO₂排出量としては、2005年比約45%削減に相当
     〔現行の地球温暖化対策計画:エネルギー起源CO₂排出量2005年比24%削減(産業部門12%削減)〕

2030年の削減目標に向けた取り組み

2030年の削減目標に向けた取り組み

2050年に向けた取り組み方針

(セメント製造)セメント製造におけるエネルギー起源・プロセス由来CO₂排出量「実質ゼロ」への挑戦

化石エネルギーの限界までの削減
  • 更なる技術革新によるCN対策
  • 非化石エネルギー(NH₃等)混焼焼成技術開発・導入
プロセス由来CO₂排出削減技術の開発・導入
  • Ca含有リサイクル原料活用等石灰石代替技術の開発・導入
使用電力のカーボンフリー化
  • 再生可能エネルギーの活用
低炭素セメント・コンクリート製品技術開発・供給拡大
  • 少量混合成分増量
  • 混合セメントの拡大
革新的結合材料の開発・供給
  • クリンカに代わる低炭素結合材料の開発・供給
CCUSに係る革新的技術の開発・導入
  • CCUS技術のセメント製造プロセスへの導入(カーボンリサイクルによるCa含有廃棄物の資源化等)
  • 水素利用による工場排気カーボンリサイクル

(セメント製造以外)サプライチェーンを通じたCO₂排出削減・社会全体の脱炭素化への貢献

輸送部門やオフィス部門でのCO₂排出削減推進
  • 重機・輸送機械の燃料クリーン化
  • 再生可能エネルギーの活用
  • セメントタンカー
    セメントタンカー
高機能品事業分野の製品による省エネルギーへの寄与
  • 小型集積型光通信デバイス
  • 次世代型電池材料
  • 高機能LED封止材料
  • リチウムイオン電池用材料
    リチウムイオン電池用材料
新規高機能材料の開発による脱炭素社会への寄与
  • 人工光合成光触媒パネルへの材料供給
  • 人工光合成模式図
    人工光合成模式図

2050年"カーボンニュートラル"ビジョン「SO-CN2050」戦略

技術革新
  • CCUS*1技術のセメント製造プロセスへの導入(カーボンリサイクルによるCa含有廃棄物の資源化等)
  • 非化石エネルギー(NH₃等)混焼焼成技術開発・導入等
事業基盤の革新
  • 使用電力カーボンフリー化
  • 水素利用による工場排気カーボンリサイクル等
カーボンニュートラル貢献
  • 人工光合成光触媒材料提供による水素社会実現等
  • *1 CO₂の回収(Capture)・利用(Utilization)・貯蓄(Storage)

カーボンニュートラル(CN)に向けたCO₂排出削減イメージ

カーボンニュートラル(CN)に向けたCO₂排出削減イメージ

研究開発事例(参考資料)

  • 事例紹介「CCUS関連技術開発」
    「カルシウム含有廃棄物からのCa抽出およびCO₂鉱物固定化技術の研究開発」

CO₂を多様な廃棄物から抽出したカルシウムとの反応で鉱物固定化し、利用する革新的カーボンリサイクルプロセスです。そのシステムを構築するための基盤技術開発に着手しています。(NEDO研究開発委託事業採択)

参考ページ:https://soc.co.jp/news/57971/

2050年 カーボンニュートラル ビジョン SO-CN2050
PAGE TOP