光電子関連 光送受信機CATV用・FTTH用

光送受信機 CATV用(1310nmHFC)

PDFダウンロード (1.2MB)

1310nm Optical Transmitter for CATV

特 徴

●1ラックに最大14台の光送受信機をプラグインでき、省スペースに寄与。
●光出力は4mW、8mW、10mW、16mW、25mWの5種類をラインナップ。
 長距離伝送や1×1対向、多分配まで様々な伝送路に対応。
●同一サブラックシャーシに光受信機(SR5000シリーズ)と混在したインストールが可能なため、
 空きスロットの有効活用が可能。

オーダリングコード

X : 光出力  
 4mW ( 6dBm) 104
 8mW ( 9dBm) 108
10mW (10dBm) 110
16mW (12dBm) 116
25mW (14dBm) 125

仕 様

項目 仕様 備考
  中心波長 1310nm (typ.)  
  光出力 4mW 8mW 10mW 16mW 25mW  
  光コネクタ SC/APC (標準) シャッター付き
  信号周波数範囲 70 ~ 770MHz  
  伝送チャンネル数 NTSC 79ch  
  利得制御方式 Non-AGC, AGC, Adj-AGC 下図参照
  CNR 50dB以上 (雑音帯域 : 4MHz) 測定条件
RF入力信号レベル=77dBμV/ch
受光レベル=0dBm
利得制御方式=AGC
  CSO (2次歪) -60dB以下
  CTB (3次歪) -65dB以下
  RF入力パワー 75~80dBμV/ch  
  RF最大入力パワー 110dBμV  
  消費電流 0.7A以下  

利得制御方式のイメージ図

1310nm Return Path Receiver for CATV

特徴

●1ユニットに2受信機を内蔵。高密度実装が可能。
●1ラックに最大14台(28ノード)の光送受信機をプラグインでき、省スペースに寄与。
●幅広い光入力強度に対応(0~-16dBm)により、伝送路の設計自由度が向上。
●同一サブラックシャーシに光受信機(ST5000シリーズ)と混在したインストールが可能なため、
 空きスロットの有効活用が可能。
●RF出力減衰機能付き。流合雑音対策に有効。

オーダリングコード

X : ポート数  
2ポート A
1ポート B

仕 様

項目 仕様 備考
  光入力ポート数 2 (Aタイプ) / 1 (Bタイプ)  
  光コネクタ SC/APC (標準)  
  光入力レベル 0 ~ -16dBm  
  信号周波数範囲 5 ~ 60MHz 周波数フラットネス:1.5dBp-p
  RF出力レベル 85 ~ 98dBμV 光変調度 = 15%
  利得制御方式 マニュアルゲインコントロール (MGC)  
  RF減衰量 -3~-15dBの範囲で指定 注文時に指定  誤差±1dB
  CNR 51dB以上 (雑音帯域 : 4MHz) 測定条件
受光パワー=-3dBm
光変調度=10%/ch (ツートーン) ※
RF出力=96dBμV
  IMD2 (2次歪) -50dB以下
  IMD3 (3次歪) -60dB以下
  最大光入力パワー 3dBm  
  消費電流 0.5A以下  

※CNR測定条件は15%(シングルトーン)

波長感度分布(Typicalデータ)

利得制御方式のイメージ図

Status Monitor System for SYSTEM V

ステータス監視機能(SNMPプロトコルに準拠)

監視対象項目

 光送信機 (ST5000Aシリーズ) 電源ユニット
    RF入力レベル     出力電源異常 (電源1)
    光入力     出力電源異常 (電源2)
    LDバイアス電流     出力電源異常 (電源3)
    TEC電流     電源1の通信エラー
    LD Temp     電源2の通信エラー
    通信エラー     電源3の通信エラー
 光受信機 (SR5000シリーズ)     電源1内蔵ファンの異常
    光入力1     電源2内蔵ファンの異常
    光入力2     電源3内蔵ファンの異常
    RF出力1     リアパネルのファンの異常
    RF出力2  
    通信エラー

制御対象項目

光送信機(ST5000Aシリーズ)光受信機(SR5000シリーズ)
アラーム、ワーニング閾値設定 RF出力減衰機能On/Off
  アラーム、ワーニング閾値設定

特 徴

●直感的で分かり易い操作性 (GUIが充実)。
●実装状況、及び機器の状態が視覚的に分かり易い画面表示。
●『Remote Desktop』による遠隔操作機能を保障。
●充実したヘルプ機能。

PC画面イメージ

主な機能

  1. 最大40サブラックシャーシの監視
  2. 監視周期を30秒~90秒まで設定
  3. 光受信機SR5000へのRF出力減衰機能のOn/Off制御
  4. Tx,RxのAlarm/Warning閾値の設定
  5. 監視データのCSV形式による自動保存(5分間隔~)
  6. 障害発生時に異常ユニットの監視データの自動保存(5分間隔)
  7. 異常情報を最大20件までメール通知
  8. トラップ区分によるメール通知設定機能⇒Alarm,Warning,Remove等のトラップ区分毎にメール通知の設定が可能
  9. 遠隔操作対応⇒ホストPCがWindowsXPの場合はクライアント1台、Windows2003サーバの場合はクライアントは複数接続可能

光送受信機CATV用・FTTH用一覧ページへ

お問い合わせフォームへ
PageTop