鉱産品関連 環境への取り組み

伊吹鉱山

滋賀県米原市に位置する当社伊吹鉱山では、1971年から採掘跡地の緑化事業に取り組んでいます。

これは国内の鉱山において企業自らが緑化に取り組む先進的な事例であると言われています。
1972年には滋賀県との間で鉱山の緑化を謳った自然環境保護協定を締結しました。また、岐阜大学農学部の協力のもと確立した原生生物移植法は『伊吹方式』と呼ばれています。
現在、緑化の開始から既に40年以上が経過し、当時植栽した箇所には、草木が自生をはじめ、樹木と呼べるまでに成長しているところもあります。伊吹鉱山は霊峰としても名高い伊吹山の南西斜面を採掘区域としています。地域にとっても心の拠所であり貴重な観光資源であるため、今後も計画的に緑化を進め、地域環境との共生を図っていきます。

秋芳鉱山

山口県美祢市に位置する当社秋芳鉱山は1965年に第1鉱画から採掘を始め、現在は第3鉱画での採掘に移行しつつあります。

採掘を完了した第1鉱画跡地は、第2、第3鉱画から発生する表土、土石の積み上げと緑化で山容の復元と修景を行い、環境との調和を図っております。

環境アセスメント

鉱山の大規模開発にあたっては、法令に即して<br />
環境アセスメントを行い、必要とされる環境保全措置を行っております。

鉱産品関連一覧ページへ

PageTop