建材関連

コンクリート構造物において近年クローズアップされているのが、経年劣化の問題。海岸沿いでは塩害、寒冷地では凍害など、構造物の位置する周辺環境からくる特有の劣化要因も指摘されています。既存社会資本の高齢化が進む現状において、既設のインフラの維持管理のため、コンクリートリハビリテーション技術による、コンクリート構造物の補修・補強は、ライフサイクルコストの低減という観点からも社会的に重要性を増しています。住友大阪セメント建材事業ではさまざまな劣化の要因に合わせた構造物の補修・補強材料をラインナップするとともに、その工法なども含めて技術開発を推進、インフラの予防保全、補修、補強に貢献しています。

住友大阪セメント 建材事業部製品紹介サイト

お問い合わせフォームへ
PageTop