住友大阪セメント HUMAN SITE

人材育成 住友大阪セメントの人材育成

教育研修は、社員の等級に応じて実施する“階層別研修”と、ビジネス英語等の特定の技能を習得させる“目的別研修”があります。また、自己啓発支援として、各種通信教育講座の費用を会社が一部負担しており、社員の自己研鑚の一助となっています。

教育研修体系図

主な紹介制度

通信教育講座
補助制度
通信教育講座は、自己啓発支援プログラムの一環として運用するもので、マネジメント・ビジネススキル向上を図る講座や公的資格取得を目指す講座など様々なコースが用意されています。内容編成にあたっては、継続的かつ体系的であることの他、時宣に適ったコースも新規に取り入れるように留意しています。本講座を修了すると、受講料補助金(受講料の半額)の交付を受けることができます。
公的資格取得
報奨金制度
自己啓発支援の一環として、会社が認定した特定の公的資格を取得した社員に対し、資格取得の難易度に応じて報奨金を支給する制度です。
短期海外
研修制度
本研修は、当社が国際化の進展に対応するために、グローバルな視野に立った発想と国際ビジネス能力を身につけた人材の養成のため短期の海外研修を実施するものです。
ビジネス英語
研修
当社では、今後のグローバル展開を見据え、ビジネス英語研修を実施しています。
研修を通じてビジネス英語能力向上を図り、自己啓発支援を行うことによって、グローバルな環境で活躍出来る多用な人材を創出していきます。
国内留学制度
人材教育を目的として、国内ビジネススクール派遣を行う制度で、日本生産性本部主催の経営大学院「経営アカデミー」への派遣を実施します。
本アカデミーは、産学協同による経営の徹底研究と企業変革を担う人材の育成のためのビジネススクールであり、産業界・学会から一流の講師陣を招いています。講義・ケース研究・グループ研究・合宿等を通して、グローバル競争時代に対応した専門能力の養成を趣旨としています。
新入社員
トレーナー制度
入社後3年間は教育担当の直属の先輩がおり、その先輩から新人はマンツーマンで指導を受け、共に目標に向かって過ごすことになります。
若手社員選択型
実務研修
入社2年目から5年目までの若手社員を対象とし、選択メニューの中から自分が必要とする講座を上司と相談の上、受講してもらうプログラムです。受講によるスキルアップだけでなく、上司と自身に必要なスキルを確認し、今後の成長に生かしてもらうことを狙いとしています。職場における人材教育・育成に関するコミュニケーションの場にもなっています。