住友大阪セメント HUMAN SITE

事業紹介

小さな粒子で社会を支える。新材料事業。

ナノ粒子をキーマテリアルとして様々な分野への事業展開を行っています。ナノ=10億分の1メートル。私たち独自のナノ粒子製造技術は、5~10ナノメートルという、ウイルスやたばこの煙よりも小さな粒子を開発しています。素材メーカーとして長く培った技術力・ノウハウを多角的に活用し、様々な分野へ高機能な製品を提供しています。

電子材料分野

 独自のSiCナノ粒子を用いて、ヒーターエレメントや静電チャックなど、半導体の製造工程で使用されるセラミックス製品を製造しています。超高純度のSiCナノ粒子を原料として用いたファインセラミックスは、電気伝導性・熱伝導性などの特性に優れており、ユーザーから高い評価を得ています。

化粧品材料分野

 日焼け止めやファンデーションの材料として、国内だけでなく海外の市場にも、酸化亜鉛や酸化チタンなどの紫外線を反射・散乱させるナノ粒子を供給しています。また、酸化亜鉛には抗菌・防臭・消臭作用もあるので、繊維用の抗菌処理剤としても活躍しています。

高機能フィルム分野

 ナノ粒子の特性を生かした様々な機能性フィルムを製造し、提供しています。
例えば、自動車・建物の窓ガラスに貼ることで熱線・紫外線を遮蔽することができるフィルム「レイバリア」は、可視光の散乱を抑え、透明性、断熱性に優れた特性となっており、自動車メーカーをはじめとしたユーザーに高く評価頂き、アジア圏を中心として広く販売されています。

電池材料分野

 リチウムイオン電池用正極材料として、リン酸鉄リチウムを開発し、量産化を進めています。当社の正極材料は「釘が刺さっても発火しない」という世界最高水準の安全性を実現しており、その優れた安全性と電池特性、品質管理体制が評価され、2010年より家庭・業務用大型リチウムイオン電池材料として採用されました。
 二次電池分野は自然エネルギーの有効活用や低炭素社会の実現、昨今の電力事情下において、社会的に関心が高まっており、今後の市場拡大が見込まれる分野です。現在、将来の需要を見据え、2012年にベトナムに量産工場の立ち上げを行い、今後の発展が期待されています。

トップ画面へ戻る