新技術研究所 電池材料研究

電池用材料、部材

リチウムイオン二次電池、太陽電池、燃料電池などの各種電池を高性能化するユニークな電極材料、部材です。シングルナノ~サブミクロンの粒子サイズ制御、微細な多孔質電極構造の制御で高い機能を発揮します。

リチウムイオン二次電池正極材料

電池の高い安全性と長寿命を実現するオリビン構造を有するリン酸鉄リチウム(LiFePO4)の更なる高性能化のための要素技術開発、用途に応じたカスタマイズを行っています。また、エネルギー密度の向上が期待できるリン酸マンガンリチウム(LiMnPO4)を始め、次世代正極材料の開発を推進しています。

色素増感太陽電池用機能性ペースト

高純度、高結晶性を特長とする当社のナノ酸化チタンは、結晶面や粒子サイズの制御が可能で、ビヒクル中に高度に分散、ペースト化することで、電極の多孔質構造を様々に制御します。当社のナノ酸化チタンペーストを用いた色素増感太陽電池は、世界最高レベルの光電変換効率を発揮しています。

固体酸化物形燃料(SOFC)電極部材

イットリアやスカンジアで安定化した当社独自のシングルナノ安定化ジルコニアを用いることで、既存の材料では達し得ない高活性なSOFC電極を形成します。優れた低温焼結性と微細な多孔質電極構造の実現により、発電効率が低下する低温度域(600℃)でも十分な発電効率を維持できるため、省エネと長寿命を両立します。

新規技術研究所一覧ページへ

お問い合わせフォームへ
PageTop