社会とのコミュニケーション 株主・投資家とのコミュニケーション

株主・投資家の皆さまとのコミュニケーションには、正確かつタイムリーな情報開示により、当社の現況や経営計画をご理解いただくことが不可欠です。また、幅広く当社の事業内容をご理解いただくことも重要です。当社では、説明会、見学会やさまざまなツールを用いてIR 活動に努めています。

アナリスト向け説明会の実施

証券アナリストや機関投資家に、当社の経営状況をご理解いただくため、本決算、中間決算後に決算説明会を開催しています。決算説明会では、経営トップから決算内容を説明するとともに、質疑応答を行っています。また、その他に国内外の証券アナリストや機関投資家からの個別取材に対応するなど、幅広い投資家と継続的にコミュニケーションを図っています。

アナリスト工場見学

当社の状況をより深くご理解いただくため、定期的にアナリスト工場見学会を行っています。セメント製造工程の説明に加え、リサイクルの取り組みや、環境保全への取り組みなど、工場の状況を詳しくご説明しています。

IR ツールの作成

海外の投資家さま向けの資料として、英語版アニュアルレポートを発行しています。またHPを通じ、IR情報を掲載するなど、個人投資家の皆さまを含め、幅広く情報発信を行うことにも注力しています。


PageTop