CSR推進 コンプライアンス

当社のコンプライアンス体制について

コンプライアンス体制

当社グループのすべての役職員(執行役員、嘱託、派遣社員を含む。)に対し、コンプライアンスの意識高揚、浸透、定着をはかるため、社長を委員長とする「コンプライアンス委員会」を設置し、その役割と責任を明確にするため、「コンプライアンス委員会規程」を制定しています。

1. コンプライアンス委員会

「コンプライアンス委員会」は、年度ごとにコンプライアンスに関する活動の計画を策定し、その進捗を管理しています。コンプライアンス状況に関する監査は、後述の「内部監査室」が行い、その結果を「コンプライアンス委員会」に報告しています。「コンプライアンス委員会」は、監査結果について、必要に応じて適切な措置をとるとともに、監査結果を取締役会および監査役に報告しています。

2. コンプライアンス推進体制

(1) 当社各部門にコンプライアンス責任者およびコンプライアンス担当者を設置しています。

・コンプライアンス責任者
各部門長がコンプライアンス責任者となり、部門におけるコンプライアンスの管理監督などをおこないます。

・コンプライアンス担当者
コンプライアンス責任者の任命によりコンプライアンス担当者を置き、コンプライアンス委員会事務局への情報伝達や各部門へのコンプライアンスに関する情報の周知などを行います。

なお、当社グループ会社につきましても、当社に準じた推進体制を確立することとしています。

(2) 当社グループのすべての役職員からの通報を受け、調査是正などの措置を行うための制度として「コンプライアンス・ホットライン制度」を設けています。
同制度については、社内イントラネット上で周知をはかるとともに、対象を「法律違反や社内規程違反事実およびその疑いに対する疑問全般の受付」にまで拡大するなど、使い易さの改善をはかっています。

3. 内部監査室

当社グループの業務活動および諸制度に関し、内部監査を行うことを目的として「内部監査室」を設置しています。

活動内容の紹介

1. コンプライアンスマニュアル

コンプライアンスの徹底をはかるための具体的な手引書として、コンプライアンスマニュアルを作成し、社内イントラネット上で公開するとともに、都度追加修正して、周知徹底をはかっています。

2. 社員への啓蒙

・コンプライアンス委員会事務局が各部門・各グループ会社に出向き、コンプライアンスに関する講習会や法務相談を実施しています。

・事例研究などを内容とする、当社グループの役員および各部門・各グループ会社のトップを対象とした「トップセミナー」や、コンプライアンス担当者を対象とした「コンプライアンス担当者会議」を開催しています。

・当社役員・社員を対象に、コンプライアンス・ビデオの視聴、eラーニングを実施しています。

・階層別研修においてコンプライアンス教育を実施し、コンプライアンス意識の浸透・定着を進めています。

コンプライアンス・トップセミナー
(取締役の責任と経営判断の原則について講義が実施されました。)

PageTop